ぼく、今入院してます
e0008354_1335851.jpge0008354_13351738.jpg
e0008354_13354635.jpge0008354_133623.jpg
e0008354_13362150.jpge0008354_13363238.jpg
e0008354_13364952.jpge0008354_13365712.jpg
ムサシが椎間板ヘルニアになってしまいました(>_<)
少し異常が出だしたのは4月6日。7日は少し様子を見て、近々病院に受診しようと思っていました。すると夜中にだんだん症状が悪化していき、後ろ足が麻痺してるかのように機能していません。痛がって泣く回数も増えだしました。
8日に慌てて朝から病院受診。結果は椎間板ヘルニアとのこと・・・。想像もしていないほど重症らしく、かかりつけのお医者さんが手術が出来る施設がある市外の病院に連絡を入れてくれ、そのまま急いで行ってくださいと言われました。もうこの時は何が何だか分からなくなり、ややパニック状態。ダックスが椎間板ヘルニアになりやすい犬種とは知っていたけど、これほど重症なの?!と信じられない気持ちで高速に乗り大慌てで向かいました。
到着するとすぐに呼ばれ、椎間板ヘルニアは1分1秒を争うので、全身麻酔をし、CTで疾患場所を特定してそのまま手術に入りますと説明を受け、母と大泣きで先生にムサシを託しました。
それから4時間(手術は2時間弱で終了)くらいたち、終了しましたと電話を受け、再び病院へ。手術は無事に終了しましたとのこと。どこをどう手術したか模型とPCの図形で詳しい説明を受け、今後のお話を聞きました。あたしたちは、手術が成功すればまた元に戻るんだとほっとしていたんですが、どうもお話を聞いているとそうではないようで、また歩けるようになる可能性は今後のリハビリ次第で五分五分ですと・・・。そして色々な病院のやり方があるんですが、ここの病院は2週間の入院で、その間一切お見舞いはできないと言うことでした。(飼い主さんに会わせて興奮して動いてしまわないようにしたいからとのこと)説明も終わり、ではまた退院の日時がはっきりしましたら連絡しますと言われ、あたしたちは帰ることに・・・。
ってムサシの顔全然見れないの?!と慌てて、先生にちょっとだけでも術後のムサシに会わせてもらえないでしょうかとお願いすると、ではちょっとだけと言うことで、マジックミラー越しに少し見せてもらえました。もう麻酔も覚めたとのことで、エリザベスカラーをやられキョトンとした顔で抱きかかえられてるムサシがミラー越しに見えました。思っていたよりも元気そうな顔をしていたのでひとまず安心して、家に帰りました。
そこからと言うもの、毎日のようにPCに向かっては椎間板ヘルニアの情報を集め、色々な体験記を読ませてもらい毎日家族会議です。
ムサシがこうなってしまってから、勉強するのは本当に遅すぎることだったと反省しています。少しずつ、どう言うものかということが分かり始めています。そして、椎間板ヘルニアは少しの変化も見逃してはいけないとても時間との関わりが重要な病気だと言うことを知りました。あたしは今後少しでもムサシと同じようなことになってしまうワンちゃんが減るように、新しいブログかmixiの方で、ムサシの経過を記録していこうと思います。
ムサシと会えない日は今日で4日目です。毎日とても早く時間が過ぎて行ってしまってたのに、ムサシが入院してからは全然時間が進みません。あと10日も会うことができません。でもこの10日、ただ悲しんでいないで、今後のリハビリの方法やヘルニアについてもっと勉強して、必ずムサシを元通りに歩かせることができるように頑張ろうと思います。
ちなみに、あまりにもムサシの状態が気になって、10日と今日、病院に電話をしました。元気にご飯もしっかり食べ、珍しく騒ぐこともみなさんの手を煩わすこともなく過ごしているそうです。昨日から軽いリハビリも始まったようです。

ル・クルーゼマグネットの記事へは驚くほどたくさんのコメントありがとうございました。お返事がとても遅くなってしまってごめんなさいm(__)m
みなさんのところへも中々遊びに行くことができずでごめんなさい。
またボチボチ遊びに行かせてくださいね~(^O^)/

[PR]
by qoos_aloha | 2007-04-12 14:39 | むさし
<< ストレス?! 負けた・・ >>