ひとりごと
昨日は大好きなおばあちゃん(ばーばー)の17回忌の法要でした。母方の祖母で、母は5人兄弟の4番目なんですが、ずっと近所に住んでいたこともあり、ばーばーの具合が悪くなった頃からじーじー(犬が苦手だけど、たまにムサシにちょっかい出す祖父)だけを1人で住ませるのはかわいそうだ(じーじーの本当の気持ちは知りませんが勝手に思って)からと一緒に住んでいます。ただ最初はばーばーが亡くなるなんて思ってもいなかったので、泊まると言う形で始まった同居生活で、今もそのままになっています。なので途中今まで住んでいた家を返し(賃貸だったので)、我が家は新築マンションを購入したりと別の生活の基盤も立てていたんですが、やはり住めば住むほどより強い情が出てしまい、じーじーを1人で残しては出て行けなくなり、結局今も新築だったマンションは16年目を迎え1度も住まないまま荷物置き場として健在しております。笑
あっでも新築だったマンションを物置にしてるからって決して我が家はお金持ちでもなく、そしてこう言うことになってることにやっぱり父は納得がいかず、何度かもめたりしております。
と、前置きが長いですが、そう言うわけで、本家に同居なのでこう言う法事のときなどは、否が応でもじーじーと一緒に親戚大勢を迎える段取りを手伝わないといけません。
法事で親戚を呼ぶとなると、食事を出したり、引き出物を用意したりと想像以上にお金がかかります。だから何が言いたいかと言うと、小さい頃はただお正月や結婚式、そして今回のような場でも親戚が大勢集まることが楽しくてしょうがなかったのに、段々大人になるにつれて細かい事情もわかるようになり、ただ喜ぶだけではいられなくなってしまって、料理の値段をもっと下げてもいいよー、引き出物はなくてもいいんじゃない、あそこの家族は欠席でもいいのにねって色々口を出していました。でも結局料理もそれなり、引き出物もあり、欠席でも大丈夫ではないかと思った家族もみんな出席で、多くの人が集まりました。
そんな思いで始まった法事。お経が流れる中、ばーばーのことを思い出しながら、もう17回忌かぁ、早かったな~、一緒に過ごした14年よりも別々に過ごした期間のが3年も長くなっちゃったんだ~何て色々考えながらいました。
そしてお経が終わりお坊さんの話になったとき、お坊さんがうちの親戚一同を見て、「段々家族が減って行ってしまう家庭もあるのに、ここの家族は亡くなられたおばあ様の旦那さん(じーじー)もお子さんたちもみんさんお元気で、その子供たち(あたしたち)も結婚されお子さんをたくさん生んで、曾孫さん(結婚してないいとこも多いのにしてるいとこが3人.4人と産んでるのでいつも間にか9人も曾孫が・・)もこんなに増えて、理想的なご家族ですね」って言ってくださったんです。
17年も経ってるのに、こんなに多くの家族がおばあ様を思って集まってくれるってことは、とても感謝すべきことですねって・・・。
それを聞いてあたしは、何て小さなことでグチグチ口を出していたんだと悲しくなってしまいました。ばーばーを愛していた人だけ集まってくれればいいのにって文句ばっかり言って・・・。冷静に考えれば、ばーばーに会ったこともないいとこたちの旦那さんや奥さんだって、来てくれてるんだから、感謝するべきことだったのに・・。
きっと大勢の親戚が集まって、何よりもばーばーが1番喜んでるのに、そして今も元気なじーじーも家族が集まることが1番楽しいことなのに!!
大好きなばーばーの法事でバカなことばかり言ってた自分に気付きとても反省しました。
これからも、細かい事情で小さいことにまた文句を言ってしまうときもあるかもしれませんが、誰1人欠けることなく、みんな元気でばーばーに感謝しながら生きていこうと改めて思いなおせる大事な1日になりました。
ばーばー、今も変わらず大好きです♡

長いひとりごとにお付き合いさせてしまってすいませーんm(__)m

[PR]
by qoos_aloha | 2007-04-01 16:21 | 日々の日記
<< 急げっ!!お花見 レディースデイ >>