大切なことに気づく1冊・・・
何年か前にTVで、‘普通の10倍のスピードで老化していく少女’と言う番組予告を目にして、面白半分で見てみたいって気分でその番組(『サイエンスミステリー それは運命か奇跡か!? DNAが解き明かす人間の真実と愛』)を見ました。その番組には、面白半分で見たがった自分を反省するほど、とても前向きで一生懸命生きているアシュリー・ヘギちゃんと言う女の子が出ていました。
彼女の病名はプロジェリア。とても聞きなれない病名で、それもそのはず、800万人に一人の割合で生まれるというとても例の少ない病気。遺伝子の異常で普通の人の10倍の速さで老化して行ってしまう病気で、患者の平均寿命は13歳。まだ治療法が見つからないと言う。当時この番組で初めて見たアシュリーは11歳でした。
番組を見終わった頃にはすっかりアシュリーに励まされ、彼女について色々調べたくなってしまったあたしはHPを見つけ、いてもたってもいられずに慣れない英文でEmailを送りました。もちろん彼女は頑張ってくださいなんて月並みな励ましはもう必要ないくらいもらってるだろうと思ったんですが、応援しないではいられない気持ちになってしまったんです・・・。
それからもずっと彼女の存在が気になっていて、時折HPを見たり色々調べていたんです。そんな頃、やっぱり同じような思いの方がたくさんいたようで、感動の手紙やメッセージが数多くテレビ局に寄せられていたようです。その後も何度か彼女の特集を番組で見ることができて、そのたびに励ましてもらっています。
そんな彼女は現在14歳。平均寿命の13歳を超えていますが今も元気に生きています。平均はあくまでも平均。あたしはこれからも彼女には元気で頑張って欲しいと心から願っています。そして生きてる間に治療法が見つかると言う奇跡が起こることを信じています。
そんなアシュリーが書いた本が出版されました。もちろんすぐさま購入し、またまた元気をたくさんもらってます。
e0008354_054592.jpg

本文より・・・
わたしは、人の前で悲しい顔はしたくない。
笑顔でいると、みんながハッピーになるでしょ。
I don't like to be sad in front of others.
A smile makes everyone happy.


なぜ、ここにいるのか、
それはわからない。
でも、わたしたちがここにいるのには、
何か目的があるはずだと思うの。
I don't know why we are here.
But I think we are here for a reason.


わたしはハッピーに生きたい。
ほかの人たちを勇気づけるように生きたい。
I'd like to live happily.
I'd like to encourage others.


生きるチャンスを与えられているのだもの。
わたしは、自分の定められた時間がなくなるまで、
すこやかに生きていきたいと思っているわ。
God gives us a chance to live.
I'd like to live a healthy life until my time comes.

[PR]
by qoos_aloha | 2006-03-11 00:22 | 日々の日記
<< 買っちゃったシリーズ最終回!! 買っちゃったシリーズ第3弾!!! >>